toggle
2016-11-29

【ベーシックを揃える】冬の定番 カシミヤニットはどう選ぶ?

dscf2368

クローゼットの中が見渡せるようになってきた去年の夏。

移り変わる流行よりも普遍的で美しいものに惹かれ、ワードローブの基礎になるアイテムが欲しいと思うようになりました。

あたたかくてやわらかく、肌にも心地よいカシミアニットはそのひとつ。

近頃はユニクロや無印良品などのデイリーブランドから手頃なカシミアニットが販売されています。

実際に着てみて、そのふわりとした着心地や使い勝手の良さを感じた上で、これだという1着を探すことに

 

使えるニットを探す

もの選びポイントは人それぞれですが、シンプル・少数・ユニセックス好みの場合は。

丸首のミドルゲージ

dscf2367

上質な素材だからと気負わずに、仕事でも普段でも取り入れられること。

エレガントすぎたり女性らしさが強調されると途端に手が伸びなくなることは、散々経験してきました 泣

デニムに合うような、長袖のTシャツのようなカジュアルさがあれば何年も愛用できるはず。しっかり元を取りたいという魂胆も見え隠れしてますね。

Vネックに惹かれるけど、あいにく胸元がさみしいタイプなうえアクセサリーがうまくつけこなせません。

 

そこで、定番の1枚なら丸首かなと。

素材感はミドルゲージ。

網目の荒いざっくりローゲージ、細糸を細かく編み上げる艶やかなハイゲージ、いずれも素敵だけど着る季節やシーンが限られます。

秋口から春先までふわっと気持ち良く着たいなら、汎用性の高いものを選びたいですね。

淡色のすっきりシルエット

dscf2366

独特のふんわりとした素材感が伝わるのは淡い色。

ただでさえ暗い色一辺倒になりがちなので、素材特製を生かす色を着てみます。

 

この手の色は汚れは気になるけど猫毛は目立ちたず。これ、猫飼いには切実です!

そこで選んだのがエクリュ。フランス語で「生成り、さらしていない、未加工の」を意味するこの淡いベージュは合わせやすくて落ち着きます。

dscf2428

ニットはコートやジャケットが合わせるのが冬の定番。ボリュームのある袖巾は羽織ものに困るので要注意です。

さらに、形に特徴があると数年で飽きてしまう悪いクセも自覚してるので、全体的にはシンプルなもの、でも裾にスリットなど少しディテールがあるものなら安心です。

 

断捨離の過程で何枚ものニットを手放しながら考えた、着なくなった理由。

それは使いやすい服のヒントでもありました。

素材の魅力と自分なりの活躍ポイントが一緒になれば、ワードローブの基礎になる一枚に出会えるかもしれません。

散々書いておいてなんですが、これが正解だったかはあと3年程経たないとわからないというのもまた面白いもので。

おわりー