toggle
2017-01-05

甘酒の作り方。ごはんと米こうじ、炊飯器さえあれば

甘酒の効果がすごいらしいので、とりあえず1ヶ月はじめることにしました。

「飲む点滴」とかぐっときます。考えた人すごいなー。どのように良いかはこちらから。

関連記事:甘酒がすごい?30日で体質改善を試すことにした

調べてみると、どうやら基本放置で簡単に作れるらしいのです。しかもたくさん作れてお得だとか。

米こうじを買う

dscf2944

甘酒を作るうえで欠かせない米こうじ。

どこにあるんだろうと思ったらスーパーの豆腐や漬物コーナーの端に置かれていました。300円くらいですね。

すぐとなりに完成品も売られているという罠もあるので注意してください。これ買った方が早いよーと脳裏に邪念が沸き起こるも、ぐっとこらえました。

■材料
米こうじ200g(1袋)、ごはん200g、水300g(おかゆ用)、水400g(炊飯器投入用)

おかゆを炊く

パッケージ裏のレシピによると、米200gと水400gを炊飯器のおかゆモードで炊くとあります。

本やネットのレシピをみると、200gのごはんと300gの水で普通にコンロで炊いてもいいみたい。炊飯器は時間がかかるので鍋で作りました。

熱いうちに炊飯器に移して保温ボタンを押します。
スポンサーリンク




dscf2942

米こうじを加える

おかゆが70度以下に冷めたところに米こうじを投入。

袋のまま指で揉んでほぐしておいたので、こんな感じでバラバラしてます。

温度計なんてうちにないわ、と思ったらありました。知らなかった。単なものなら100円ショップなどにあるそうです。

dscf2945

6−8時間放置

おかゆと米こうじを混ぜます。

あとは放置するだけです。保温モードにしておけば50~60℃にキープされるようです。気になったので途中で数回はかっていたら、53℃ぐらい。よしよし。

蓋をしてはいけないそうで無印の布巾をかけておきました。

放置でいいとはいえきになります。2時間ごとに様子を見ながら、かきまぜてつまみ食い。

dscf2949  dscf2948

こちらが6時間経ったところ。辺りにはお米の甘い香りが漂い、猫たちもスンスン。

ドロドロとしてほんのり黄色っぽくなっています。ひとくち食べるとすごく甘くて、でも砂糖と比べるとなんともやさしい味です。きちんとできているようでひと安心。

「ライスプディングみたいで懐かしい」とうっとりする夫。欧米か。

できあがり

dscf2950

はじめての甘酒が完成しました。

これがみやここうじ1袋でできた分量です。1Lのガラス瓶に入れました。保存期間は冷蔵庫で1週間、冷凍で2ヶ月ということなので、これから毎日少しずつ取り入れていきます。

身体に変化があるのか楽しみです。ジャッジは同僚のみんなに手厳しくしてもらお。