toggle
2016-12-04

もてなすシンプルごはん

wreath-825133_960_720

義理家族がやってきました。

遠路遥々ですが、観光も兼ねているので滞在は夕食のみ。外食よりもゆっくりできた方がいいだろうということで、家で食卓を囲みます。

そんな時の男のごはん。
いつものシンプルな料理を少しずつがテーマだったようです。

 

じっくり4時間

義理家族との食事はとても長い。

食べて飲んで、料理を作りまた食べます。短くても3時間、長いと半日。数年に一度なので話は尽きません。

普段の食事は軽く済ませるけれど、長い家族の食事の時間は心待ちにしているようです。

そんなわけで、心してはじめる18時。

dscf2664

スターターは帆立のハーブグリルと野菜。
幼児用にはパンチェッタを除いて細かくカットした同じものを用意していました。

続いてのローストビーフのブルーチーズソースは、事前に作っておけるからいい(らしい)。

冬のピュレはじゃがいもと里芋、蕪。里芋の粘りが少し加わることでなめらかクリーミーな仕上がりです。

dscf2668

この時点で既に2時間が経過。

ここでチーズとパンで休憩です。

ガレージセールでたくさん買ったものがあってよかった。
(関連記事:小さな店が楽しい!あれこれ並べるだけごはん

席を立ち、トマトとローズマリーのパスタを作る男性陣。
この間に女性同士は人生相談。ズバズバ言ってもらえるのが頼もしいです。

30分後、がっつりパスタを平らげたと思ったら再びチーズとパンに戻ります。え。

dscf2679

10時をまわったところで、やっときましたデザートの時間。

この時期なのでシュトーレン。

ドライフルーツとナッツがたっぷりいい香りで猫もスンスン寄ってきます。これは1スライスで満足です。

こうして久々の家族ごはんは終了。またすぐねーといつものやりとりで見送りました。

濃厚すぎ特別すぎず。

前はいろいろ気負っていたけど、食事が主役にならないくらいでいいのかな。

それにしてもよく飲んだなーなどと言いながら食す翌日のお茶漬けがまた、無性においしかったりするのでした。