toggle
2017-05-19

花と植物を飾るのをやめたワケ

どんどん部屋から花やグリーンがなくなっていきます。

気に入って選んだあれもこれも、手放したり追いやったり。

 

理由はただひとつ、この呑気な白黒ですよ。

DSCF3514

これが曲者でして、大の新しいもの好き。

ちょっと置くだけで興味を示します。

 

動物の玉ネギ中毒は多くの人に知られていますが

猫のユリ中毒はあまり知られていません。

ユリに限らず、アジサイやマーガレット、ジャスミン、プリムラにポトスもだめ。

注射に行った時に「花を食べてしまいます」と相談するとそれは絶対に見逃してはいけないと注意されました。

 

危険そうなものは速攻ベランダ行き。

害がなさそうなものも高いところに。

 

でも相手は猫です。

しかも、しつこいタイプの猫です。

 

どんなにそっと目立たぬように置いても、キャッツアイは気がつく。

DSCF3536

まさか届かんだろうと思っても、がんばれば届く。

DSCF35092

わずかな変化を見逃さない、衰えない好奇心が、とにかくすごいのです。

食べるだけではなく爪とぎをしたり登ったり。

春のはじめに迎えたジャマイカはすぐに攻撃対象となり、帰らぬ樹となりました。

 

わさわさと植物を置くのに憧れたけど、もうお手上げです。

猫飼いのみなさんはどうしていらっしゃるのか……

 

とりあえず、おとなしく猫草の種でも撒こう。

おわりー