toggle
2016-12-01

スローな朝時間、ジョブズと同じ自問自答をしてみたら

house-1407562_960_720

アップル社の創立者・スティーブジョブズは、母校のスタンフォード大学の卒業スピーチ言っています。

毎朝、鏡に映る自分を見て自問自答する。

『今日が人生最後の日だとする。自分が今日やろうとしていることは、本当に自分がやりたいことだろうか』

もし答えがノーなら、そんな日が続くなら、何かを変える必要がある。

最近またTEDにハマり、夜な夜なそんなものを読んでいます。このスピーチを何度目かに読んだ昨晩、この自問自答を明日からしてみようと思いました。

 

こんな朝

朝はいつも同じ。

だらだらとスタートし最後にバタバタと大慌てするという、だめな感じです。

先日のタイムマネジメントの授業で朝の時間配分を確認してみるワークがあり、そのことに気がつきました。

 

猫に起こされ、30分程ぼんやり。

並んで床でごろごろ、蛇口から手にすくった水を飲む様子をデレデレ眺め、テレビも観る。

いよいよまずい、8時45分。10分でお弁当を作り5分で朝食。

2分で日焼け止めを塗って眉毛を書き、3分で着替え。

歯磨きをする頃にはかなり焦り駆け足で玄関を飛び出す。

社会人になってからほぼ同じです。以前は猫がいなかっただけ。

問うてみた

30分のぼんやりタイムに自問してみました。

『人生最後の日だとする、仕事に行きたいか』

dscf2167

どうなのよ、と猫。見透かされてる気がする。

 

応えはノー。即答でノー。

ジョブスさん、選択肢があるのならわたしはこのまま延々この床に転がっていたいです。

 

一体どうしたものか、これがどれだけ続いたら何をどう変えたらいいものか。

そんなことをぼんやり思っていたらあっという間に9時。

猫たち、膝の上ですっかり寝落ちしてます。お弁当作りもすっぽかし、薄い眉のまま出勤したのでした。

dscf2374-1

見送り猫、行かないでと言っている(気がする)。

 

意識の高い朝の過ごし方なんて遥か遠い話だ、まったく。

仕事も家でもうまく時間管理できるようになりたいのにな。