toggle
2016-12-27

シンプル食材のひと足しで楽しむ「ハレとケ」

ハレの食事が続く時期ですね。

「ハレの日」は非日常のイメージです。クリスマスやお正月、入学、卒業、誕生日などのお祝いごとの日みたいな。

一方でケ(褻)はいつもの生活。

このメリハリがあると季節を感じたり食事が楽しかったりするなーと思います。

とはいえ催事ごとに趣向を凝らした食事はちょっと大変。ここ数年は少し何かを足して済ませることが多くなりました。

今年のちょい足し

dscf2867

なにかあったらシャルキュトリ、なんにもなくてもシャルキュトリ。

冷蔵庫から加工肉やチーズを出して並べるだけなので手間いらずなので「ケ」の夜ご飯になることも多いです。この時期、あったかい汁物が欲しいと言うタイミングは完全に見失いました 汗

これとパン、サラダが基本形のようで、「ハレ」の日はここにちょいとひと足ししていきます。

 

サラダもちぎって盛るだけ。

dscf2869

そしてさらにひと足し、大きいエビ。

dscf2870

これはいるのといないのとでは大違い。このハサミが醸し出すハレ感すごいです。いつもならこの辺りにパンが転がってるというのに。

最近は調理済みのものがスーパーでも売られているんですね。手軽に外感が味わえます。

 

そしてデザートのひと足しは、チーズに柿ジャム。
いつもはパンを食べ過ぎるのでチーズだけで耐えるところです。年末年始は気にしないでいこう。

dscf2878

dscf2882

はじめての柿ジャム、おいしいですね。

今回は奈良県の『富有柿のマルメラータ』という道の駅で売られているもの。

ブルーチーズに柿の甘さというなんだかよくわからない感じが後を引くので、食べ過ぎ注意のちょい足しです。

 

こうして、ハレっぽくしたいという気合はすべてエビに託されたクリスマスとなった今年。

穏やかに、楽にがなによりだなーと思うのは、加齢かはたまた怠慢か。

そんな話をしつつエビをほじほじるするのでした。