toggle
2017-01-15

家事がはかどる。オトコマエなゴム手袋に惚れました

乾燥や手荒れが気になるこの時期。

水仕事ではゴム手袋で手を守るといいそうですね。水に触れる機会そのもの減らし、洗剤によって過剰に皮脂を落とすのを防ぐとか。

うら若き20代中頃は「爪がー」とか言いながらゴム手袋をしてました。

それがいつしかはめるひと手間すら面倒に。素手でちゃちゃっとやったほうが早いし。

 

でもこの冬はなぜだか指先のささくれが止まりません。クリームを塗るも気がついたらすぐにささくれ。地味に痛いし、見栄えもよろしくないです。

手荒れは治すより予防したほうが早いかも。

ようやくそう気がつき、何年かぶりに洗い物の時はゴム手袋をしようと思いました。

ダークなの希望

乾くまで吊り下げておきたい。

ということは、キッチンに出しっ放しになるので目立たないの希望です。

いざ探すと地味なものが少ないことに気がつきます。どれも色の存在感がすごい。

そこでよく覗くガーデニングコーナーで手袋をふと見てみたら、いい感じのがありました。

マリーゴールド手袋

こちらです。まずはぞいチェック。

DSCF2974

IMG_9691

マリーゴールド(MARIGOLD)は、1947年に世界で初めてゴム手袋を生産したイギリスのブランド。

食品、医療、工業用グローブを主に製造し、その品質と機能性の高さはプロからも信頼されています。

このゴム手袋はイギリスの一般家庭向けに開発されたもの。

摩擦にも強い厚手の2層構造で特徴で、アウトドアで殺虫剤や除草剤、漂白剤などの薬品を使うことも想定して丈夫に作られています。

IMG_9692

 

指の付け根辺りは直径10cm、全長30.5cm。

男女兼用のMサイズは、ちょっと大きいけど日常使いなら問題ない感じでした。

しっかりゴムだけに表面が少し白っぽくなる感じもなんかいい。

厚さがゆえ最初はちょっと指が動かしにくいけど、慣れたらこんなもんかな。

細部もオトコマエ

外側は天然ゴムですが、内側にはコットンが植毛されておりつけ心地自体はさらり。

ぺろっとめくってみる。

IMG_9693

指先にはエンボス加工が施されて滑りにくいので、ガシガシ掴んでワシワシ洗える。

この道具感がたまりません。

 

しっかり素材なので水の冷たさを感じにくいのもうれしい。これでささくれが治るかも?ということで、しばらく使ってみたいと思います。

問題はどこに保管するかです…

それはさておき、今年で生誕70年。おめでとうゴム手袋!