toggle
2016-12-30

シンプルな方法、やってみました

先日こんな話をしました。
関連記事:今から。新年をちょっとハッピーに迎える7つのシンプルな方法

それで昔の手帳をペラペラと『辿った道を思い起こしてみる』うちに、もしかしたら『だれかを喜ばせてみる』ことができるかも、とふと思いました。

猫たちにチュールあげる以外で、です。

誰かを喜ばせてみる

同じ高校にいた4人。

卒業して帰国して以来、ひとりとは時々会い、ひとりとはつい先日偶然再会。残るは消息不明。

それぞれ進路があり、みんなの道が重なることなく15年が過ぎていました。マンモス校な上に授業も被らず当時から顔を合わせる機会は少なかったし、携帯もなかったからそんなもんです。

とはいえ多感な時期、数少ない同胞との出会いに、思うところはある。

「◯◯どこにいるんだろ、会いたいな」と、それぞれの席でふたりはたしかに言いました。

 

見つけ出せたら、会えたら喜ぶかも。

img_9527

見守る猫。がんばれと言っている(気がする)。

人探しなんてはじめてのことです。記憶を頼りに方々に電話をかけ大スベりしたり、当時の知人をSNS経由で辿り進めること数日。

見つかりました。

それぞれに連絡を取り、中間地点付近の店を予約し、長らく不明だった彼にはサプライズで登場してもらうことに。

辿った道を思い起こす

『鳴呼!バラ色の珍生』のハイライト、司会の紳助さんが依頼人にかける懐かしい声が脳裏に響きます。

「我々スタッフが一生懸命、一生懸命捜しました。・・・◯◯さん見つかりましたよ!」

からの、徳光さん号泣。

そのイメージで当日を迎え、再会の時はやって来ました。

img_9521

今日知ったこと。人は心底びっくりすると一瞬固まってから爆笑するんですね。再会の時、みんな徳さんみたく泣くわけではないぽいです。

でもしっかりリアクションしてくれてサプライズの甲斐があったなー。

終始表情緩みっぱなしで近況報告し、辿った道を一緒に思い起こす。懐かしい仕草に、声に、みんな童心に帰ってはしゃいでしまいます。

わずか2時間だったけど、その前の数日も含めてたしかに幸せだと感じたし、いつになく穏やかに年を越せそう。

『新年をハッピーに迎える7つの方法』のうちの2つ、単純だけど間違ってないみたいです。