toggle
2016-11-17

夕食は単純に、たとえば豆のスープ

dscf2176

スープがおいしい季節になってきました。年中好きな食べ物だけど、これからの時期はやっぱり格別。

豆のスープ

中でも豆のスープが無性に食べたくなります。

この日は、ひよこ豆、レンズ豆、赤いんげん豆、白いんげん豆、うずら豆。スープは和洋問わず夫担当です。

ひとつの器で戻せばいいのに、と言ったら料理はそうじゃないと一蹴。意味がよくわからんがそういうものらしい。

それにしても豆ってきれいです。

dscf2180

玉ねぎとパンチェッタを炒めて、豆類を足して煮ること2時間。味付けは塩こしょうだけですが、いろんな種類が入ると豆だけでも十分コクととろみが出て、満足できます。

楽でいい

ここ数年、平日に品数の多い夕食をとることがずいぶん減りました。

小鉢をずらりと並べてもあまり反応がありません。ありがとうとは言うけれど、透けて見える「こんなにいらんな」という本音。そういえば夫実家もその周辺もそんなだなと初めて長期滞在して気がついたのです。

楽な方に流されるのはあっという間。主菜だけ、大きなサラダだけ、時にはスープだけという単純な献立に落ち着いてしまいました。

(楽だーすんごい楽だー)

 

栄養バランスなども気になるところですが、大人ふたりですし1日、もしくは1週間の食事を通じて帳尻が合わせられたらいいなくらいの気持ちでゆるくやってます。

寒い時期においしい根菜類も出揃ってきましたし、そろそろ豚汁もいいですね。

おわりー