toggle
2017-01-22

キッチンでいたちごっこ

こだわるのはいいこと。
おいしいものは好き。

だけど、その量に頭を抱えています。

IMG_9738

30種類以上の乾いた粉が、ごちゃごちゃしている。

これはほんの一部で、振り向いた棚には大袋に入った詰め替え用があり、瓶にうつされる日を待っています。

スパイスをひけらかして「料理が好きなんですアピール」をするつもりなんぞ毛頭ありません。

むしろ逆。

久しぶりに引き出しを開け、そのカオスぶりにぼーぜんとしたのです。

使い切ることにした

どうやら夫はスパイスやハーブを「買う」のが好きなようです。

料理の好きな人はツールやお皿に凝りがちですが、その対象がスパイスだったのか。耳慣れない料理専用の、それ以外に使い道が浮かばないようなものを見つけてキャッキャ言っては、ポチ。

そして目の前には「マルティニーク島のなんとかフィッシュカレーに使う黒っぽい粉」が、ほわーんといい香りを漂わせています。

しかしわたしは知っている。

1年前に同じの買ってまだ開けてないことを。届いたあの日、くんくんして「あーいい香り」と満足げに棚にしまってから、一度も触れていないことを。

なんか、脱力…
スポンサーリンク




dscf2896

じゃすぱも脱力

使うより増えるペースの方が断然早いです。

しかも滅多なことでは腐らないのがスパイス類。明らかに湿気を含んでいたり香りが飛んだものは泣く泣く処分していますが、口に入れるものを捨てるのは本当にいや。

一方で、他人の「好き」や「趣味」に文句を言うのは無駄な労力だということは、ヲタの兄を持つものとしてよーく心得ている。

そこで決めました。

 

そのいたちごっこ、受けて立つ!
今年こそスパイスをたくさん使う!

 

ちなみに「いたちごっこ」とは

子供の遊戯の一。二人が「いたちごっこ、ねずみごっこ」と唱えながら、互いに相手の手の甲をつねって自分の手をその上にのせ、それを交互に繰り返す遊び(goo国語辞典)

つまり終わりなき戦いです。

いいことづくめ

DSCF2999

手始めにファラフェル。

大袋のコリアンダーシードを救済するにはもってこいです。タヒニソースにしたいところ、ハリサとヨーグルトソースで乾燥ハーブも消費。

とかしれっと言うけど、揚げれば爆発して粉砕するし、作りすぎて3食続くしというのがリアルなところです 泣

 

それはさておき

買うことはやめられないぽいから、せめて香り高いうちに使おう。いまひとつパッとしないわたしの料理も、スパイスをうまく使えばなんとかなるかもしれません。

体を温める効果が高まったり、保存が効くようになったりといいことづくめみたいですしね。

 

そんなわけで、キッチンの収納を見直す前にまずはスパイスの循環を良くすることから!