toggle
2016-11-11

【クローゼット整理】8年目も本気のトレンチコート

dscf2478

服に永遠の定番はないと思っています。

どんなに高級品や名品でも、きちんと手入れをしても、傷むことや古さがにじみ出ることは避けられません。

10年気分よく着られたら十分。20年だったらもうそれは最高の買い物。

その大台に乗ろうとしているのがこのgreenのトレンチコートです。

 

greenからHYKEへ

『green(グリーン)』は1998年に吉原秀明(1969年、東京生まれ)と大出由紀子(1969年、群馬県桐生生まれ)によって立ち上げられたブランド。

その職人的な気質なものづくりにファンが多く、2009年のブランド休止は大きな話題に。大出さんの出産と育児期間を経て、2013AWには『HYKE(ハイク)』として活動を再開され、変わらぬ人気を誇っています。

ミニマルに目覚めるコート

dscf2466

シンプルなものが好き。それでも20代は色々と試したくなり失敗もいっぱいしました。

そんな揺らぎに歯止めをかけたのがこのコート。

愛用していたgreenのカーゴパンツやデニムがカジュアルだったのに対し、これはかっちりしすぎるかなと思い先送り。そんな中2009年にブランド休止と知り、6月末の撤退を前に慌てて購入したのでした。

 

この濃くて赤みのないベージュ、黒ボタンにコンパクトな肩、適度なハリのある生地、そして暖かいウールライナー。

こうした現ブランドHYKEにも取り入れられているこだわりが、今年もつい手に取ってしまう理由です。

浮気心芽生えるけど

トレンチコートは流行に左右されず長く着られるし、カジュアルにもきれいめにも着まわしのしやすいのも事実。

でもやっぱり多少のトレンドはあって、途中でしっくりこない時期もありました。正直、バーバリーやアクアスキュータムに惹かれることもあります。

それでも手放そうとは思わない不思議な魅力があります。色違いやデザイン違いで無駄に増やすことがないのもこれがあるから。

やはり8年連れ添った情というか、本気で好きなんだろうなと。
10年の壁は問題なく越えられそうです。

おわりー