toggle
2017-02-07

断捨離しているというわりに服が多い

同僚と食事中にタイトルのことを言われてドキッとしました。

 

意外でもあり正しくもある。

服の多い少ないってあくまで自分比なんですね。

ニット好きの罠

そんな話を夏頃にしたなあという記憶はあります。

 

夏といえばTシャツとデニムばかり着ていたし、秋はシャツとデニムばかり。

以前にも触れたけどミニマルというものにやたら感化された時期もあり……

自分の中では「前よりすごく減った」という感覚でいたのです。

 

そしてニットの季節がやってきました。

ここ数年は当たり年で、色々と増えてクローゼットで一番多いアイテムです。

ざっくりしてかさばるけど、おいておきたい。無理して減らさなくていいじゃない。

気も緩むのは惚れた弱みですねえ。

 

まさに「断捨離しているというわりに」。

3年前のザラのこれとか永遠に手放せない気がしています。

DSCF2996

増えゆくニットと、出遅れたぞい。

これは洗濯機で回してもへたらないので、ほんといいお買い物だったんですけどね!

 

彼女は決してネガティブな言い方をしたのではありません。

むしろ断捨離しているわりにいつも違う感じで着てるねーというニュアンス。

 

真冬のニットだけでも8枚あるからなあ。

断捨離という言葉を安易に使った(そしてきっとドヤってた)自分が

ちょっと恥ずかしかったのでした。

おわりー