toggle
2017-05-22

木製のキャットタワー。省スペースでおしゃれなのがほしい

キャットタワーを新調して1年が経ちました。

初代はわんぱく時代に酷使して見るも無残な姿に。

 

2代目に選んだものは、スギちゃんならぬ杉にゃんです。

 

奥会津の天然木を使った国産タワーを

タワー大好きじゃすぱがレポ。

スポンサーリンク




杉の木タワーへいらっしゃい

愛ネコ家・インテリア好きの多くの方が

おしゃれなキャットタワーがない!とDIYされていらっしゃいます。

たしかに探すとなかなかない。が、手作りするスキルもない。

 

そんな中、杉にゃんは完全に木製。インテリアにもほどよく馴染むいい塩梅です。

DSCF32792

ちょっとこっち来なさいよ、といういざない。

 

ついていくと2段目に飛び乗ります。1段目の存在は無視ね。

はと胸、なでなさいよと言っている。

DSCF3489

この微妙なロープは後付けです。

オリジナルはすっきりデザインなのに

思いっきりダサくしてすみません。

 

タワーが苦手なぞいにも登ってほしく爪とぎ用に巻きました。

滑り止めコルクシート貼ったし、大好きなマタタビ粉もふりかけた。

 

もちろん、完全にスルーするよね。

だったらロープ外そうかな……

 

そういう好みはおいといて。

 

こちらは棒のちょいちょい遊びを要求。前足、立派だねえ。

DSCF3669

さらに2段上がって窓の外をチェック。

いわゆるにゃるそっく。

DSCF3385

部屋コーナーに置いています。

スリム、突っ張り、木製で探しましたがまさにそのもの。同じような方にはおすすめです。

 

ちなみに、この高さに登るようになるまで3ヶ月かかりました。

以前の3本足タワーとの違いに戸惑ったようです。

 

でも今はこの通り、余裕で見下ろすキャッツアイ。

DSCF3394

下から見ても木の表情がきれいです。

 

気が済むとらせん階段を降りてきます。

DSCF3388

DSCF3662

下りは律儀に、1段目までしっかり踏みしめるのね。

 

階段が布で覆われたタイプと比べてホコリが立ちにくく、汚れも気になりません。

猫にはもちろん、環境と人にもやさしいタワーです。

 

こちらはセミオーダーができます。

木板の高さ調整を依頼したのですが

確認の電話でも商品の良さをとても丁寧にご説明くださいました。

後からもパーツを足してカスタマイズできますし。

 

組み立てもパーツに番号が書かれいて簡単。20分ほどで完成しました。

 

現行モデルは木板がスクエアになり

さらにゆったりした座り心地になっているみたい。

これならぞいも一緒に乗ってくれるかな。

 

……とりあえず、ロープ外そう。

おわりー