toggle
2017-10-23

運用成績とメリットは。ゆるゆると3年目の確定拠出年金(イデコ)です

米国株式市場は主要3銘柄が揃って高値を更新

そうニュースで小耳に挟んだ週末。

 

確定拠出年金(以下イデコ)はどうなっているかなと

ひさしぶりにチェックしました。

イデコさーん

 

始めるか迷っている方、こんな感じです。

スポンサーリンク




じわじわきている

DSCF3213

遊びたいぞいもじわじわきてます。

 

節税効果が抜群なことで知られるイデコ。

楽天証券のシュミレーター、すごくわかりやすいです。

 

そして長期運用とはいえ

はじめる前の方が気になるのはリアルな損益かと。

そこで2017年10月現在の運用状況はというと……

 

・先進国ファンド +51,894

・中小型株式ファンド +45,726

・グローバルREITファンド +23,896

・先進国債券ファンド +7,192

・新興国株式ファンド +21,551

 

+15.8%で推移中です。じわじわうれしい。

こうなるとお金に稼いでもらうということが

いかに重要か実感できますねえ。

メリット&デメリット

イデコスタート時から毎月23,000円を拠出しています。

3年半やってみて改めて思うことを備忘録。

メリット

✔︎ 基本放置

✔︎ 掛金が全額控除対象

✔︎ 運用先を選べる

✔︎ 転職しても第3号被保険者になっても継続OK

 

税金が安くなるのは大歓迎。

年末調整の頃になるとそのメリットを実感します。

返ってくる感!

 

運用先は定期から投資信託までいろいろ選べるのですが

払ってしまっていると勉強しようという気にもなる 笑

掛け金の変更もでき

今後の働き方が変わっても続けられるのは安心です。

 

なにより、長期の運用が前提ですから

日々チェックする必要がありません。

今回のように気になったら確認。

基本的に小心者なんでこれがちょうどいいのです。

デメリット

うーんと考えてみたのですが

今のところ思い当たりません。

60歳まで引き出せないことがよく挙げられますが

ま、これ年金ですもんね。

 

生活資金と老後資金

そもそも性質が違うものなので分けて考える

そんなきっかけにもなりました。

 

元本が保証されないと指摘されがちですが

こちらは運用先の選び方と

税の優遇を受けることでバランスを取っていきたいです。

 

 

この制度に限らず

運用も老後の蓄えも、結局は自由で自己責任。

 

人に相談しにくい話ではあるのですが

この夏から拠出をスタートした友人と

改めて運用先を選んだりと勉強していこうと話してます。

 

のんびり楽しく、ですね。

おわりー

 

✔︎ テーマを参考にしつつ自分なりに考える

初心者のための、マネー入門!

お金を貯める方法

マネー、財テク、資産形成

賢く楽しく欲張りなマネーライフ

✔︎ 暮らしの関心ごとはこちらから

ブログ村 ライフスタイルブログ

ブログ村 シンプルライフ

ブログ村 インテリアブログ

ブログ村 北欧インテリア

ブログ村 ミニマルライフ