toggle
2016-11-16

【シンプル着まわし】コートを着るまでもない時の服

dscf2444

完全に冷え込む前のこの時期、ちょっとそこまでという外出にコートを着るのが億劫なことがあります。むしろピリッとしたこの季節ならではの空気を感じたいような気すらする。

例えば近くの喫茶店、コンビニ、郵便局。そんな片道5分以内の時は、ストールで乗り切ります。

3つの首を冷やさない

冬の空気を感じたいとか言いながらも、極度の冷え性です。なのでコートを着ずとも首・手首・足首はしっかりガード。

この3カ所の皮膚のすぐ下には動脈が通っています。気温にも左右されやすい部位なので、冷えることで動脈を流れる血液が冷たくなり、身体全体の体温も下がりやすくなってしまうのだそう。

というわけで全身だとこんなん。

dscf2442

以前書いた通りボトムスはデニム多めです。

素足にバレエシューズが大好きだけど、足首〜足の甲が寒いのでしばらくはスニーカーとショートブーツ生活。手首は持っているニットはざっくり目が多いので、問題なくクリア。すでに手袋もバッグに忍ばせています。

【クローゼット整理】驚くほど服を減らせたデニム

そして肝心の首!

ここが暖かいとがぜん強気になります。大判ストールを首全体がしっかり隠れるよう巻きます。ぐるぐる2重にして前でひと結び。結び目を少し横にずらすだけという簡単な巻き方です。

後ろの髪の結び目と(そう高くはない)鼻に引っかかるような位置で巻きつければ、これがなかなかずれ落ちてきません。

 

最近はインナーの機能も充実していて、腹巻なども仕込めば結構ぬくぬくしますよね。

こうしたニットxストールという組み合わせも寒さが本格化する前のお楽しみ。さむ〜とか言いながら小走りするのもまたオツなものです。

おわりー