toggle
2017-05-10

片付けの理想と現実

ただいま「うちのこと放置フェーズ」です。

家事はもちろん、片付けもとりあえず押し込めて

なんとかしのぐ日々。

 

引っ越して4年

物がそう多いわけではないのがかえって仇となり

いろんなこと先送りです。

そして理想と現実の差は開いてゆきます。

スポンサーリンク




現実はこんなもの

それを象徴するのが、こういう写真。

朝ごはんをぐーっと寄って写してみます。

DSCF3569

カントリーファーム ストロベリークランチ

白いのいろいろ。

つまり先日のいちごを食べきったから残りもの

 

さわやかな朝のはじまりぶっている。

がしかし、現実にはちゃんと

いろんなものが視界に入ります。

 

たとえば、ずっとたたまれ待ちの洗濯もの

(に群がる猫)

DSCF3566

トレーテーブルにはいつだって

読みかけの本とリモコン、ipadカバー(何故)

DSCF3578

そしてふと思う。

 

テーブルやキッチンシンクになにも置かない、みたいな理想

実際にはソファーですら洗濯物山積み、という現実

どこでどうして、こうなった?

 

猫の手借りたいの?

とオファーしてくれてる(気がする)

DSCF3574

多少散らかろうとだれも困らない。

そう開きなおって冒頭の通り

この春の「うちのこと」優先順位は下の下でした。

仕事という便利な言いわけで

リモコンに溜まる埃も見えないことに……

 

そしてひと段落。

わずかな余裕とともに

うちのことへの意欲が戻ってきました。

 

すっきりぶって実はごちゃごちゃの棚

引き出しの中、あの奥の部屋

どうせやるならインテリア全般ひっくるめ

ホームハックを考えていきたいなあ。

おわりー

 

軽くて持ち運べるこれを使っています