toggle
2017-06-18

星のや竹富島の夜ごはん。ダイニングの場合

星のや竹富島は集落から離れています。

夜は施設内でのんびり過ごすのがおすすめのよう。

 

連泊した場合は、メインダイニングとインルームダイニング、2つの楽しみ方ができる。

と出発前日にネットで見てダイニングを予約しました。

 

そして当日。

夫、シャツとドレスシューズを持ってきている。

 

・・・はりきっている。

 

プールの横を抜けてダイニングに向かいます。

IMG_1758

メニューは決まっているのでドリンクを選ぶのみという手軽さ。

お願いしたバイザグラスツアーは、お勧めの5種グラスワイン (6,000円)を料理に合わせて選んでいただきます。

 

最初のドリンクの頃にはすっかり日も暮れ。

DSCF4045

ディナーコースは 琉球ヌーヴェル 12000円(税・10%サービス料別)の1種類。

 

沖縄ならではの素材と島人の暮らしに根付く食文化をフレンチの技法で表現。

 

日々変わるようですが、こんな感じでしたよの忘備録。

DSCF4048

Amuse: 春のアミューズ3種

左のトコブシのコリコリ食感とハーブペストが印象的。

DSCF4050

Premier: カジキと和牛のテリーヌ ガトー仕立て ピーツとハイビスカスのピュレを添えて

混ぜていただくとタルタル好きの仏人が悶絶。

ブルーのお皿とのコントラストもきれい。沖縄といえば大嶺實清さんのお皿かな。

DSCF4052

Deuxieme: 車海老と若鶏のムースを巻いたクリスティアン オキサリスの香り

カリカリしたんをクリスティアンいうんですねえ。オキサリスはカタバミのことでちょい酸味。

DSCF4055

Soupe: イーチョーバーのスープと海の幸フラン

フェンネルの香りが爽やか。とろとろのフランにゴロゴロと魚介が。

DSCF4057

Poisson: ミーバイのポワレ 香ばしいコンディマンと共に ソースヴェルデュレット

淡白でむっちり食感のミーバイ。「コンディマンは薬味だよ」仏夫、便利だ。

DSCF4059

Viande: 黒毛和牛のグリエ ソースディアブル 田芋のクリームを添えて

しっとりやわらかで香ばしく、小悪魔風ペッパーソースがピリリ。

DSCF4061

又は子豚のローストとブーダンブラン 春野菜と共に(+¥2,000)

やわらかくもしっかり歯ごたえもあるお肉。ブーダンブランはアルデンヌ地方の香り豊かな白ソーセージ。

DSCF4063

Avant dessert: 色鮮やかなアセロラのソルベとミシャクのブランマンジェ

ミシャクはお神酒(おみき)のこと。

芳醇な香りのとろとろの中に酸味があるピンクのソルベが!

DSCF4066

Grand dessert: ピーチパインのコンンポートとフーチーバークリームのミルフィーユ

フーチーバーは沖縄在来のヨモギでやさしい香り。パイざっくざく。

DSCF4068

コーヒー&小菓子 塩クッキーとマドレーヌ、バナナのブラウニー

「このちんすこうおいしいねえ」と惜しい夫発言。

アミューズから最後まで、どのお皿も新鮮な驚きやはじめてが散りばめられていて大満足でした。

フランス・カリフォルニア・イタリア・ニュージーランドのワインはどちらも料理にぴったり。詳しくないので選んでいただけるとうれしいですねえ。

1品ずつゆっくり、久々にのんびり話しながらの夜ごはん。

 

島時間とゆったりした空気感に包まれて、心和らぎましたねえ。

窓の外のヤモリやとことこ歩いていく猫がなんともかわいかったですし。

 

おわりー