toggle
2017-06-16

石垣・竹富島の旅ランチ、現地の方おすすめで行ったおいしい3選

下調べなしで旅行当日を迎えた今回、頼りになるのは現地の方の声です。

 

尋ねて、行って、食しました。

そんな食の備忘録。

スポンサーリンク




マグロ専門店 くわっちぃー

石垣空港からタクシーで離島ターミナルへ。

その際に周辺で食事をできる店として運転手さんが教えてくださったのが「くわっちぃー」。

 

くわっちぃは沖縄の言葉で「ごちそう」。シーズンにはご主人がマグロ漁に出られるそうで、丼がいいよとのありがたい情報が。

 

で、ターミナルの端っこ、さらに奥の方へとずんずん。

DSCF3981

DSCF3980

ありました。壁際にカウンター席が並ぶ小さな食堂です。

 

メニューがたくさんあって迷いますねえ。手書きにすこぶる弱いです。

DSCF3974

おさかな玉子丼に惹かれつつ、せっかくなので名物のまぐろにしよ。

先払いで席に着きます。

 

10分ほどでやってきたこちらがまぐろ丼定食(¥850)。

DSCF3978

DSCF3977

3種のきれいなグラデーション。もちもち、とろとろ、さっばり。食感がちがっていいですねえ。

とてもおいしかったです。

 

小鉢とミニ八重山そば付き。味噌汁に変更可能だとあとで気がつきました。

ここは翌日の八重山そば1人前に備えて、夫に託しました 涙

ハーヤナゴミカフェ

2日目は竹富島ランチ。

島にお住いの方に教えていただきお邪魔した、なごみの塔のすぐ向かいにあるカフェです。

細い階段を上がって2階に上がると思いがけず広い空間で、窓際の席からは集落が見渡せます。

 

八重山そば(¥650)と夫ご所望のアロエぽん酢がけ(¥500)。

鰹と豚骨のお出汁がふわり。

DSCF4098

アロエは注文が入ってから庭に収穫へ行かれました。ツルツル食感でさっぱり。

DSCF4100

DSCF4101

ハイビスカスティーに付いてきたさくさくのサーターアンダギー。

かゆみ発生を危惧して、おそばだけで我慢です(でも結局ブツブツ 涙)。

 

みなさんは冷たいスイーツを召し上がっているよう。

隣を過ぎ行く黒糖ミルクぜんざいやマンゴーかき氷をうっとり眺めました。

八重山そば専門店 やいま村

3日目のランチは帰路の石垣空港で。

空港1階にはいくつかの飲食店が並び、フードコートのようにテーブル席があります。

 

八重山そばを最後にもう一度。やいま村さんのソーキそば(¥700)をいただきました。

最後のオリオンビールもね。

DSCF41612

DSCF41632

少し白濁したスープと丸い麺。あばら骨部分のソーキはほろほろ。

 

周りにお店もないし体のこともあるしで、滅多に食べられない八重山そば。

登場前に手軽に沖縄の味を堪能できてよかったです。

お腹に余裕があったらジューシーのおにぎりやもずく天ぷらもいただいてみたかったですねえ。
名物がいろいろとある石垣島・竹富島。

気がつけば八重山そばに偏りがちでしたが、サクッと手軽にいただけて旅ランチにはぴったりでした。

おわりー