toggle
2017-06-29

シンプルに皮ごと!『焼き枝豆』が止まらない

大好きな枝豆の季節がやってきました。

とはいえ食べ方がいつも単調で、たくさん茹でても余ってしまいます。

朝にもつまんで、お弁当にもちょっと入れて、でも残る。

 

そんな時に居酒屋でいただいたのが焼き枝豆です。

 

枝豆ペペロンチーノとも呼ぶそうですね。ちょっと前に流行ったんだよーと同僚。

知りませんでした。

 

早速レシピを探してみるといっぱいあります。

どうやら平均すると、オリーブオイルを熱したフライパンに鷹の爪とみじん切りしたニンニク1片。

そして枝豆をふたつかみほど投入。今回はこの朝摘み枝豆です。

DSCF4180

皮ごと焼くことに半信半疑な視線をじりじり感じながら、軽く焦げ目がつくまで炒ります。

DSCF3294

DSCF3296

おこぼれ目当てにうろうろする猫とともに待つこと5分。

 

枝豆、もっと黒くなって欲しいのに案外焦げてくれません。

21時をまわって待ちきれず、塩と胡椒で味付けしでき上がり。

DSCF4186

ニンニクがつぶつぶ。香ばしいピリ辛味でどんどん進む!

 

塩茹でしたのが一番だと断言していた夫も、考えた人すごいねーと止まらぬ様子です。

これなら1kg買っても大丈夫 w

 

外食でいつもの違う食べ方と出会うとうれしいですねえ。

ガーリックバターやレモン、ナンプラーなどいろんな味付けも試してみたくなる、枝豆ざんまいの始まりです。

おわりー