toggle
2017-05-17

ミールス大好き。体にやさしい南インドカレーをいただく

無性にインドカレーが食べたくなりました。

暑くなると、疲れがたまると、ついつい。

 

大阪はカレー激戦区のようで、スパイスをふんだんに使った店やオリジナルカレーの店など、個性派が急増しています

 

特に気になるのが、南インドの食堂やレストランで食べられる「ミールス」。

ゼロワンカレーのそれがほんとおいしいのです。

DSCF3688

DSCF3687

カレーには南インドの惣菜5種がついてきます!日本にはあまりない見ない南インドの味わい!!

いいですねえ。

地下の小さなお店はいつもいっぱいで、売り切れもしばしば。この日は10分とかからず入れました。

壁もドアの色もエスニック感強めでかわいい。

 

で、待ち時間にメニューを見つめます。

 

あいがけは絶対。

マトン・ドピアザとグリーンマンゴーフィッシュにしよ。

トッピングはチキンピックルト牛ホルモンシーチュアン。山椒風味とか外せない。

ライスは水分少なめ、パラパラのバスマティ米!

 

こちら、ゼロワンカレーオカシモアルヨというインスタをされているぐらいお菓子も力作ぞろいなのです。

この日はパインタルトにブルーベリーバナナの焼きタルト

カルダモンパンナコッタのバジルパイナップルソースが。

レディースセットなら¥1,400でデザートとドリンクついてきます。

 

そして席に着き、やってきたミールス。

DSCF3689

好きなボリューム。

大皿にカレーが2種、トマトのすっぱいスープ「ラッサム」と野菜のおかずが乗っています。

 

最初はひとつずつ、その後好みで混ぜこぜ。

「おいしい食べ方」が壁に貼ってあるのでその通りにいただきます。

 

クートゥのまろやかさでカレーがマイルドになるかと思いきや、酸味が効いたピクルスがシャキシャキと主張。

辛いの甘いのすっぱいのが交互にやってきます。

どんどん混ぜると、どんどんおいしい。

 

バターや生クリームを使った濃厚な北インドのカレーと比べて、あっさり。カロリーも低いんだろうな。

でもコク深くてスパイシーで。

乾いたバスマティがそんなカレーの汁気を見事に吸いきってくれます。

 

食べて数分で冷え性の体が中から温まるのがわかる。

目の前で素揚げされていたポテトとシシトウ、ハートランドで休憩。

DSCF3690

別添えされたトッピングも旨味がすごいです。

スパイスオイルに漬けたチキンはピリ辛で濃厚。

花椒(Sichuan pepper)風味の牛ドライマサラも、スパイシーさと歯ごたえしっかり。

ホルモン苦手だけどこれはお代わりいけます!

 

基本的に野菜やお豆がゴロゴロしていて、スパイスで体の芯から温まって。

体にいいものをいただいているなーとしみじみ。

 

旨味やスパイスを調合して自分だけの味にして食べるミールス、大好きです。

 

カレー活動してるみなさんの気持ちがよくわかりました 。毎日でもいただきたい。

お店の方も素敵なこちらを拠点にしつつ、いろいろ食べ歩こ。

おわりー