toggle
2016-12-16

変わりゆくリビングの今と、変わらないこと

猫たちの写真をぼんやり見返していて

ふと背景に写るリビングの変化に気がつきました。

 

インテリアは、服以上にその時々の気分が反映される場所かもしれません。

そんな中、変わらないことも。

2015年

img_3193

たとえば2015年の冬。

色や柄、とにかくものに囲まれていたいたい夫。

そんな嗜好がそこら中に散らばっています。

クリスマスらしく、赤を欲してたんかな。

 

猫たちはいたずら三昧。

ゆらゆらする植物とブランケットのフリンジはかじって遊ぶのに

ラグは爪とぎに最適で快適だったようです。

 

いろんな意味で、にぎやかで楽しい場所でした。




2016年

img_9378

時はうつり、2016年の春。

 

家具の買い替えのタイミングで

センターテーブルとラグ、ダイニングチェア2脚を手放し、がらーん。

 

そうじが楽だし、暑い夏は見た目もすっきりしていたい。

ミニマル熱が最も高まった時でもあります。

 

一方で、夫は「部屋にリズムがない」と難解な発言を

猫たちもなんかつまらんなーという表情を隠しません。

 

それで結局いろいろ増えていくもの、もの、もの。

img_9375

多数決では大体いつも負けてしまします。

 

あっという間にリモコンを置くトレーテーブルが大小2つ

ゴロゴロするムートンラグが登場。

一旦は玄関に追いやったベンチも戻ってきました。

 

で、使ってみたらやっぱりどれも便利。適材適所って大事です。

 

そうこうしているうちに季節は秋。

まさか大物が増えようとは。

img_9376

ソファでひとり、ごろんとしたい時もある(というかいつもしたい)。

 

一方がソファを占領する時に

もうひとりが避難できる場所があるといいねと言われ

そういえばそうかもと納得。

 

ひとり掛け椅子を追加することになりました。

結果、猫は外を見る場所ができ、

ヒトはwiiや読書をする定位置ができて喜んだのでした。

 

それぞれの気分や快適さというものさしで

ものが増えては減ってまた増えるリビング。

 

数やテイストにこだわり過ぎず、みんなの「好き」はそのままに

来年も居心地のいい場所にしていきたいものです。

 

おわりー

 

大小、両方使っています。