toggle
2017-09-23

シンプルなシュロのなべ敷きを買いました。

ないと困る。

でも真剣に選んだことはない。

 

そんなアイテムの代表だったのですが

先日すてきものが見つかりました。

 

今までいただきもので過ごしていたなべ敷きです。

なべ敷きを買おう

炊飯器を手放し土鍋でご飯を炊くようになったのは春。

以来、ごはん用土鍋が登場することが増えました。

✔︎ 関連記事:炊飯器を断捨離して感じたこと

 

手持ちのなべ敷きを使っていたのですが

とても重くて運ぶたびに大変で

テーブル置くと衝撃でキズがつくこともありました。

見た目も和食にはしっくりきません。

 

と思いつつ、致命的に困るもんでもないからと

数ヶ月が過ぎていたわけですが

誕生日を目前にした夫が言い出しました。

 

このなべ敷きはよくないねえ

このなべ敷きは土鍋向きじゃないな

このなべ敷きは・・・このなべ敷きは・・・

 

わかりました。

リクエストをさりげなく伝えようとしているに違いありません。

なべ敷きを、買おう。

ベストななべ敷き

軽くて安定性があって、和食に合う。

そんなものはないかと探していたら

最初にのぞいたアクタスであっさり見つかりました。

 

高田耕造商店の棕櫚手編み鍋敷きです。

 

スポンサーリンク




IMG_5464

和歌山の手仕事。

新しいのになつかしいのは、たわし風味だからか。

棕櫚(シュロ)はヤシのことですね。

きつくきつく編まれていて安定感があります。

 

早速ごはんの土鍋を載せてみる。

IMG_5467

IMG_5470

底がしっくり。

これまでのなべ敷きより小さいのですが安定感は変わりません。

 

使わないときはここに引っ掛けておくことに。

IMG_5461

省スペースだし、持ち運びも便利。

この時も書きましたが軽いっていいですね。

 

同じのありました。

というわけで、すごく気に入っています。

使い込むごとに色味が変わっていくのも楽しみです。