toggle
2017-08-29

早起きをはじめました。そのきっかけと今まで

早起きをはじめました。

 

8時まで寝ていたのに

最近まで26時までコソコソ起きていたのに

5時半にはこそこそ動いている、今。

 

親やかつてのルームメイトたちが知ったら驚くだろうな。

もうすぐ1ヶ月なのできっかけと心境を備忘録。

やりたいことがある

img_9571

やりたいことがたくさんあります。

読みたいもの、勉強したいこと、書きたいこと

どんどん出てきます。

 

あとからだのメンテもしたい。

 

早い話、変わりたいってことですねえ。

不機嫌をやめる

とはいえ時間は有限で、足りていないのです。

 

帰宅が20時としてごはんにお風呂、家事で22時。

猫たちと遊んで22時半(削れない)。

いそいそと調べものや資料作りをはじめて気がつけば26時。

 

で、朝起きるのがつらいのです。

1日中すっきりしなくてどうも憂鬱、イライラ。

これもその一端かもしれません。

✔︎ 関連記事:オールドミスの憂鬱

 

不機嫌な中年にはなりたくなかったのに

すっかりそんな感じで、反省。

 

自由がきくDINKS暮らしでこの様ですからね。

ワンオペで育児して働く友人とか心底、尊敬です。

早起きするしかない

で、時間がない人がどうしてるのかと思えば

当然にように早く起きているのです。

 

前の上司も繁忙期には6時に会社に来てたなあ。

 

時間を自分でコントロールしたい時

朝型にシフトするのはごくごく自然なことなんですよね。

それが一番、効率がいいから。

 

でも、それを今までしてこなかったのです。

 

自分は夜型で、夜でないと捗らないと思い込み

試験勉強や卒論も夜遅くに粘ったタイプ。

そういう若い頃のくせを引きずっていました。

 

それで完全に行き詰まった時

つまるところ体調を崩した時

行動を変えて時間を作る = 早く起きるしかない

と思い至ったわけです。

 

 

寝るのを、26時から23時に

起きるのを、8時から5時に

DSCF3033

起きてきた猫。

こちらの体内時計もようやく合ってきたようです。

 

いろんなことが、これでうまく動き出すといいな。

おわりー